費用とサービスの差を確認

カートリッジ

お得さを基準に選ぶ方法

大量のチラシなどを作るためにフライヤー印刷業者を比較していても、どこに依頼を出すべきか分からない時には、割引制度の違いについて調べてください。大量発注によって料金が割引される業者を頼れば、100枚や1000枚以上のフライヤー印刷を依頼する時の金銭的な負担が軽減されます。発注する枚数に合わせて料金を比較する事が重要で、100枚あたりの料金を比べているだけでは、本当にお得な業者が見つからない可能性もあるので注意が必要です。100枚当たりの料金が少し高く感じるようなサービスでも、1000枚あたりの料金は他のサービスと比べても割安に設定されている場合もあります。光沢が目立ちやすくて高級感のあるマットコート紙を使ったフライヤー印刷でも、業者によって料金は大きく違いますから、紙の種類による印刷量の違いも比べてください。高級感を第一に考えて用紙を選びたいのであれば、マットコート紙ではなくハイマッキンレーアート紙がおすすめです。コート紙と比べてもインキの光沢が目立ちやすくなり、輝きを放つフライヤーが作れるところが評価されています。フライヤー印刷業者によってはハイマッキンレーアート紙など、一部の用紙を取り扱っていない場合もありますから、料金だけでなく選択できる用紙の違いなどもチェックしてください。安さを重視するのであれば再生紙などもおすすめで、古紙が配合されているからといって品質が大きく落ちるわけではなく、十分なクオリティーがあります。

Copyright© 2019 インターネット通販で印刷するのがおすすめ All Rights Reserved.